初めてのウェディングフォトを成功させよう!素敵な写真を撮るためのコツと基本をご紹介

当サイトは初めてのウェディングフォトを成功させるために役立つ、素敵な写真を撮るためのコツと基本をご紹介しています。
結婚の記念に残すための写真を撮る際には失敗したくないというのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
2人を引き立ててくれるウェディング写真の衣装の選び方にも触れているサイトです。
どのような衣装を選べば良いか迷う場合にお勧め出来ます。
自分に合うウェディング写真のプランの選び方も解説しています。

初めてのウェディングフォトを成功させよう!素敵な写真を撮るためのコツと基本をご紹介

初めてウェディングフォトを撮影するので良い写真が撮れるか心配だという人は多いのではないでしょうか。
長く残せるような写真を撮るためには、自分に合うスタジオ選びをするのが基本です。
料金は勿論のことプランも比較して、自分に合うスタジオを選ぶようにします。
またウェディングフォトの撮影当日までに、どのようなポーズをするか考えておくことをおすすめします。
特に年賀状や結婚式の演出にも使いたいのなら、ポーズも考えておくとスムーズです。

納得のウェディングフォトを撮るために知っておきたい注意点

ウェディングフォト撮影を行ったにもかかわらず、思い出に残っていない、仕上がりに納得がいかなかった、というカップルは少なくありません。
ウェディングフォトを行うカメラマンの腕やセンスさらにはスタジオの雰囲気等に問題がある場合がありますが、依頼する側にも注意すべき事があります。
そのひとつが、依頼する側が楽しみたい、思い出に残したいという気持ちで撮影に望まなかったという事が原因です。
ただ形だけ残したい、という気持ちで撮影にのぞむなら、表情も仕草も硬くなってしまいます。
ですから注意点としては、新郎新婦もカメラマンやスタジオ任せにするのではなく、自分たちも楽しめるように努力する事が大切です。
ロケーション撮影を行うのであれば、2人の思い出に残っている場所を選んだり、記念日にもらったプレゼントを持参する事で盛り上がります。
ポーズ研究することも大切です。
飼っているペットも一緒に撮ってもらえるなら連れて行きましょう。

現代のウェディングフォトの相場とは

"

ウェディングフォトの費用の相場は、地域やプランにより異なります。
基本的に7万円から15万円程度とされていますが、プランによってはさらに高くなることも多いです。
アンティークの着物を用意したり、現代人気の観光スポットで撮影をすると非常に高額となります。
スタジオで和・洋装それぞれ着替えなしで撮影する場合は、比較的低価格です。
安い所の場合、7万円以下のプランを提供していることもあります。
対してウェディングフォトの中でもロケーション撮影をメインとしているところの場合は、割高となることが多いです。
スタジオとロケーションでは圧倒的にロケーションのほうが高額となりますが、その分魅力的な写真が残ることも事実といえます。
費用の相場をよく確認し、2人で話し合って最適な写真を依頼することが重要です。
依頼する前に複数のスタジオへ見積もりを依頼して比較すると、納得できる料金でよい物を残すことができる可能性は高くなります。

"

ウェディングフォトの撮影場所の選び方

人生の中でも大きなイベントである結婚ですが、お祝いする際に結婚式を挙げるカップルは多くいます。
ただし最近ではより予算を節約したり様々な衣装を楽しんだりという目的から、ウェディングフォトを利用も増えてきているのが特徴です。
結婚式自体は大きなイベントではありますが、新郎新婦にとってはなかなか理想通りの写真を残すという事は難しいです。
その点ウェディングフォトであれば撮影場所や衣装なども含めて、家族や友人やペットと撮影するなど多くのシチュエーションを楽しむ事ができます。
実際に撮影できる場所の選び方として、一番は思い出の場所のピックアップです。
夫婦となる新郎新婦にとって特別な場所を選び撮影することで、より貴重な1枚を残す事が出来ます。
フォトスタジオのサービスによっては全国様々な場所を指定できる場合もあるので、より特別感のある写真を希望する場合は撮影場所に拘るというのもポイントとなってくるので把握しておくとよいです。

ウェディングフォト撮影で着る衣装の手配方法

"

ウェディングフォトの衣装を手配する方法は複数存在していますので、自分の都合の良い方法を選択しましょう。
最も手軽な手配方法はスタジオからレンタルする方法です。
スタジオでは多数の衣装を用意しているため、ウェディングフォトを申し込んだときに衣装をチェックすることで、手軽に手配することができます。
なお、多くの場合スタジオで撮影とセット料金となっていて、追加料金は必要ない場合が多いです。
それ以外の手配方法はレンタル業者に依頼することといえます。
レンタル業者の中にはスタジオと提携していることもあるため、確認してから利用することが重要です。
また、レンタル業者側から提携しているスタジオを紹介されることもあります。
他には友人が作ってくれる、自分で作る、保険会社のレンタルサービスを利用するなどの方法もあるため、好みに合わせて選ぶことが重要です。
特に保険会社でレンタルサービスを提供していることを知らない人は多いため、自分の契約している保険を確認してみましょう。

"

著者:長坂和之

筆者プロフィール

結婚式場専属のカメラマンとして数百組のカップルを撮影。
自身の経験をもとにウェディングフォトに関する記事を書いています。
岡山 ウェディングフォト